アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「子犬の飼い方」のブログ記事

みんなの「子犬の飼い方」ブログ


子犬を飼う前に必要なもの

2008/09/05 16:25

子犬を飼う前に、必要なものがあります。
また、1つでも欠けるものがあれば、
子犬を飼うのを見直してください。
子犬を飼うには、大きな覚悟が必要です。
喋ることが出来なくても、相手は生き物。
子犬を飼う前に必要なもの


犬は可愛い生き物です。しかし可愛いだけでは飼えません。
ペットショップで一目ぼれをし、可愛いからと飼ってしまった…
でも、可愛いだけでは飼えません。後々後悔するのは
人間ですが、不幸になるのは、いつも犬です。
犬は可愛いだけじゃ飼えない


犬も人間も、いつか終わりがあります。
見送らなくてはならない日が来ます。
犬を飼ったら、いつか別れがきます。
そして、飼い主はそれを見送らなくてはなりません。
永遠の別れを受け止めておく


犬が好きだと言っておきながら、
犬や動物を虐待する人が多いです。
きっと、人間の虐待よりも多いのではないでしようか?
犬との信頼関係を築くには、愛情を与えることが
一番の近道です。
犬に愛情を与える


犬には、愛情を与えることが大事です。
愛情を与えないと、ストレスになってしまいます。
犬を飼ったら、接してあげられる時間はありますか?
一人暮らしで飼っている人もいますが、
1日中、誰か家にいて犬と接してあげられるほうが、
犬にとっては良いです。
犬と一緒にいる時間


犬は、人間と同じようにエサを食べます。
子犬は、朝昼晩。成犬は、朝昼。
毎日、エサ代がかかってきます。
そして、人間と同じように病気もします。
骨折をしたら、レントゲン、手術なども。
経済的な余裕も必要です


居住のルールが守れていない飼い主が多くみられます。
そんな人にならないように、見てみましょう。
まず、犬は飼育許可を得た場所でないと飼えません。
ですが、今は犬が許可されていない場所でも、
犬を無断あるいは隠して飼っている人が多すぎます。
居住スペースを確保しておく


犬は、約15年から16年生きると言われています。
その間、犬と飼い主は一緒に暮らしていくことになります。
あなたは、15年後何をしていますか?
出張で海外に。結婚して、家を出る。
留学のために家を出る。生きていますか?
15年後何をしていますか?


まず、犬を飼うのに、犬アレルギーの人は、
なるべく避けるようにしてください。
アレルギーは酷いもので、死に至る場合もあるようなので
しっかりと考慮してください。
犬のアレルギーを知りましょう


犬は、人間の妊娠と出産によくないといわれています。
よく、妊娠がわかったので犬の里親を募集しますというのを
目にします。飼い主が女性であれば、そうなるケースも
多いようです。犬は、一般的には妊婦に良くないと
言われているので、身内の方から手放せといわれることも。
妊娠や出産をした時は



可愛いだけで飼うことは出来ません。
そこで犬の飼育暦15年の愛護スタッフが
子犬の飼い方と選び方を伝授します !
★★失敗しない子犬の飼い方・選び方★★

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


子犬はどこで買う?

2008/09/05 16:24

子犬と運命的に出会うのもステキですが、
衝動買い(飼い)ではなく、ちゃんと考えてからにしましょう。
子犬はどこで買う?


一般的に多い、気軽に行けるペットショップ。
ペットショップには、常時10〜30匹前後の
犬や猫がいるので、気軽に行くことが出来ますね。
分からないことがあれば、ペットショップの店員に
アドバイスを求めるといいかもしれません。
ペットショップで買う場合


ブリーダー、犬舎について、見てみましょう。
ブリーダーは、ペットショップと違って、
低価格で提供しているところが多いです。
しかし、ペットショップと同じで、
悪徳のところもあるので気をつけましょうね。
ブリーダー、犬舎から買う場合


あまりイメージがよくないかもしれませんが、
ちゃんと保健所の事も知りましょう。
保健所には、捨てられた犬猫がたくさんいます。
そして、処分される時期も決まっています。
犬を飼いたいと思っている方は、是非、
保健所に足を運んでみてください。
保健所を利用


保護施設は、保健所で処分寸前に愛護団体によって
保護されて飼育されている場所のことをいいます。
保健所に行くことが出来ないという方は、
保護施設に行くということも考えてみてください。
保護施設というのがあります


インターネットで検索をすると
よく犬の里親募集という文字が目に入ってきます。
引越しで飼い続けることが出来ない。
結婚を期に家を出ることにした。
相手をしてあげる時間が無くなった。・・・などなど
一般家庭からの里子


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


失敗しない子犬の選び方

2008/09/05 16:22

子犬の選び方は慎重に。
誰も教えてくれないことをお教えします。
子犬の選び方は、なかなか誰も教えてくれないですよね。
でも、重要な選び方のポイントがあるんです
失敗しない子犬の選び方


信頼出来るブリーダーとは?
まず、犬を迎える前に信頼出来るブリーダーを
探すことが大切です。ブリーダーを訪れた際に、
ちゃんと清潔になっているか?犬たちは汚れていないか?
衛生的に清潔が維持されているか?
信頼出来るブリーダーを探す


私も、”このペットショップなら安心で大丈夫だ”
というペットショップを1つ持っています。
店長とも顔見知りになり、何かと声をかけてくれます。
そんなペットショップを1つでも持っておくと、
犬を飼うときにも大変、役に立ってきます。
信頼出来るペットショップとは


元気のある子、たまにショーケースの中で
走り回っている子を見ますよね。
元気過ぎて…と思うかもしれませんが、子犬は少し
元気なくらいがちょうどいいですよ。元気が無くて
グッタリしているほうが心配になっちゃいますよね。
元気のある子ってどうなの?


元気な子もいれば、ぐっすり眠っている子もいます。
元気なのも、健康な証拠ですが、ぐっすり眠っている子も
健康な証拠です。子犬は、1日の半分以上を寝て過ごすと
いわれていますので、心配は無用です。
寝ている子ってどうなの?


ウンチもオシッコも散らばった状態のペットショップがあります。
とても不清潔ですし、見た目にも悪いですよね。
私は、そんなお店を見ては、苦情を言うこともあります。
犬の健康にもよくないし、菌が繁殖して病気になる可能性だって
あるんですよ。
糞尿が散らばっていないか?


たまに、血便をしている子がいます。
私も1度見たことがあるのですが、すぐに苦情を言いました。
血便をするということは、何かしら体に異常があるからです。
または、体温調節がちゃんと出来ていないときなど。
どちらにしろ、体調が悪いという証拠です。
血便をしていないかチェック!


ウンチやオシッコを踏んで、足やおなかが汚れている
ということは、よくあります。
足元がオシッコで黄色くなっているということもあるので
大丈夫ですが、異常なくらい汚れているというのは、
やっぱり、管理出来ていないように見えてしまいます。
子犬は汚れていない?


ペットショップでは、犬を抱っこすることも出来るので、
抱っこしたときに、耳の中は綺麗か見てあげましよう。
耳の中が綺麗な場合は、いいのですが、汚いときは、
ちゃんと手入れをしていないという証拠になりますね。
外耳炎の原因にもなり、いいことではありません。
子犬の耳と目を見ましょう


ペットショップでは、床にシートが敷いてあるところと、
新聞紙を細かくしたものを敷いてあるペットショップと
2通りあります。床に敷いてあげるのは、やっぱり
新聞紙よりもシートのほうがいいです。
ショーケースの中にシートは?


エサをあげている器は、大抵は犬用の器を使っている
ところが多いですが、ですが、シートのように
新聞や用紙を使っているところもあるんです。
紙を10センチほどの正方形に切って、それを数枚重ね
その上にフードを置いているんですね。
エサをあげている器を見る


水は、一時だけ出して、すぐに閉まってしまう
というところが多いです。
ですが、出来ることなら水は常に出しておいて欲しいです。
夏場はとくに暑くなり、脱水症状を起こしてしまいます。
また、室内でも日射病にはなってしまいます。
水は常備されているかチェック


最近は、ペットショップでも犬を触らせてくれる場所が
多いですが、よーく見てみましょう。
犬を抱っこするとき、消毒はさせていますか?
消毒は、犬を病気や菌から守るために大事なものです。
子犬を触る際に消毒してる?


万が一の犬の保険を知っておきましよう。
いざというときに犬の保険というのもあります。
いつ病気をするか分からないので、入っておくといいでしょう。
子犬を飼う際に、ペットショップの方から、
保険に入ることを勧められます。
犬の保険をチェック


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


子犬がなりやすい病気

2008/09/05 16:16

子犬は免疫力も低く、病気になりやすいです。
犬の飼育暦15年の愛護スタッフの私が解説します。
子犬は、免疫力が低いために、病気に感染して死に至ることも。
病気について詳しく知っておきましよう。
子犬がなりやすい病気


子犬がなりやすい病気を解説していきます。
ケンネルコフという病気を聞いたことありますか?
これは、感染病の1つです。
子犬が多く感染しやすいですが、
成犬でも十分に感染する可能性があります。
ケンネルコフとは


子犬がなりやすい病気について解説して行きます。
ジステンパーという病気、聞いたことありますか?
ジステンパーは、空気感染をする病気で、繁殖力が
非常に強いので注意が必要です。
ジステンパーとは


低血糖とは何でしようか?
これも、子犬や子猫に多く見られる症状の1つです。
糖分の摂取が少ないと、貧血のような状態になってしまいます。
低血糖を解消するには、まず、水に砂糖を溶かして、
砂糖水を作ってください。
低血糖とは



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「子犬の飼い方」ブログ

子犬の飼い方の知識サイト 子犬の飼い方のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる